看護師になる人は増えているのに”看護師不足”が続いている現状。

看護師 不足 理由

厚生労働省が発表したデータによると2018年末時点の就業看護師の数は121万8606人。
2016年末から6万9209人(6.0%)増えて過去最多となりました。

ですが、看護師は依然足りないと言われています。

なぜなのでしょうか?
看護師の現状を知ってもらうことで、医療に対する認識が変わると嬉しいです。

 

ここ10年間で働く看護師は34万人以上増えている。

看護師 不足 理由

看護師の就業人数は、毎年3万~3.5万人ペースで増えています

2008年が約87万7000人だったのに比べて、2018年は約34万人の増で10年間で約1.4倍になりました。

男女の内訳をみると、女性看護師は112万3451人(92.2%)、男性看護師が9万5155人(7.8%)。
10年前は全体の5%ほどだった男性看護師ですが、徐々に割合を伸ばしています。

 

看護師の就業場所は7割が病院

看護師 不足 理由

70%超の看護師が病院で働いています。

診療所と合わせると「医療機関に勤めている看護師」が全体の85%に上ります。
8割強を病院・診療所が占めるのは例年と同じ傾向です。

その一方で、ごくわずかではありますが訪問看護ステーション介護保険施設等で働く看護師の割合が増えてきています。医療機関以外の働き方も徐々に広がってきているのです。

 

【衝撃の事実】看護師は増えているのに、足りない!

看護師 不足 理由

看護学校新設や入学定員増で養成数を増やしたり、離職・復職対策に力を入れたりと就業している看護師の数は確実に増えています。

それなのに現場はいつも人手不足。

高齢化に伴って増え続けるニーズに対して、間に合っていないという状況です。

医療需要がピークになるのは2025年といわれています。
また新型コロナウイルス感染症の影響で看護職の疲弊も増えてきています。

人生100年時代、看護師という仕事はAIがどんなに発達してもなくならないでしょう。
行政的な法整備も欠かせませんが、看護師に対する世間一般の方に認識や、看護師自体の意識を変えないと、人手不足の解消はそう容易ではありません。

私の発信を通して、“こんな看護師もいるんだ”そう思ってもらえたら幸いです

ABOUT US

アバター
専門病院、大学病院、総合病院、個人病院を経て、看護部長の座を断り、パラレルワーカーとなる。 【手と目で護る】 健康な人はより健康に、病気の方は病気を抱えながらでも、その人らしく生きていけるようにサポートをする。これが私の看護師として生きる道。 看護師1年目「あなたはもう無理」と先輩にありもしないことで壮絶な虐められ自信も自己肯定感もなくなる。何度も看護師をやめる選択もしたが、「看護が好き」という想いを胸に奮闘。適応障害も克服し、現在専門病院とクリニックに籍を置きつつ、非医療者への普及活動に主軸を置く。